求めよ、されど与えられん。

こんなタイトル。です。日本では息苦しい思いをする、キリスト教持ちなのです。ので、聖書の一節をば。

これ、簡単な一節ですけど、与えられるまで、とても大変(と言うのも失礼か!!)笑笑

中途半端では、来ないんですよ。ねー。

僕ねカリグラフィーもプロなのですが、日本では殆ど活動してません。

日本ではお金にもなりまへん。

きゃ〜〜ーひど〜い‼️事言ってるーこの人ー!

でも、ジャズのルーツを追う時、どうしてもClassicが出てくるんです。

そして、それが何故そうなったのか?に関わってくるんですよー。

これ結果的に っていう話。

だいたいそう言うのって

「そんな面倒くさい話しどうでも良い」

と思った所にあるんです。

以前ドビュッシーの事ブログに書きましたよね?

僕、あの人って、相当な気を使う人でもありながら、ガサツな人でもある と思うんです。

それは、カリグラフィーの道具の使い方と選び方、そして その書き方。

また、その道具の使い方を実践的に知らないと、回答を間違えてしまう。

まぁ、プロのとある指揮者が、ゴーリウォークのケークウォークの自筆譜 B♭(4のって高さ)が書かれてない!と書いてまして、それからオケ譜を書き直した!

と 書いて演奏してましたが・・

キッチリ見ると、書いてあるんです。

羽ペンと、インクの関係知らないし、楽譜も書いた事も無いから、全くわからないんです。

その人中々の有名人らしく、これで、間違えた音楽の情報が回るんです。

こう言う間違え方って、音楽の解析や検証も間違えるから、歪な作品になるんです。

ま、でもね、今のClassicとかOrchestra(もちろん、嫌いなウッドウィンドも、含め)、発表会見たいですから良いのか。

僕ね、NYに居た時はオーケストラもウッドウィンドも好きだったんです。

彼らは本当に熱意あって、JAZZをやるなら、それはそれで、必死だったんですよ。

僕ね、Carnegie Hallで弦楽四重奏とピアノでジョージガーシュウィンを演奏した事あったんですよ。

それは、僕の演奏をJAZZバーで聴いた有名ヨーロッパオーケストラのメンバーと指揮者が盛り上がって、スポンサーと、主催者に掛け合って、ガーシュウィンを演奏する事になったんです。

レッスンもしたんですよ。 僕がですよ?

ね、笑えるでしょ?

ソロピアノ一曲と、弦楽四重奏二曲と合わせて3曲。

あんなに、世界的有名オーケストラのベテランでテクニックもあるのに、初心者みたいに緊張してた。彼らが。

楽譜も外して。ね。

「Classicの世界にもアドリブはあるよ。カデンツに対して演奏するんだけどね。」

そんな事を知ったのも、沢山の世界のオーケストラとの共演からです。

これは、何を自慢してるかと言うのか、笑笑

僕ね、ガーシュウィンなら、1925年のスタイル

BeBop時代

セロニアスモンク

と出来るんですよ。

時代の演奏ね。これが、世界のオーケストラに響いて共演したの。

こんなこと言われた。

「コールポータの曲をガーシュウィンが弾いてる様に出来るか?」

指揮者と編曲者と共に来てね。

出来るから驚かれた。

偽物が殆どなのに・・・とも言われた。

アメリカでJAZZを仕事として演奏する。必死ですよ。

ヘイヘイ ジャップにJAZZが演奏できるのかい?

とか、卵投げられたり。

トマト投げられたり。色々。

んで、足りない所必死に勉強、実践して、演奏して。

僕は外国人だから、現地の人間が知らない事をも網羅して出来ないとダメなんですよ。

でもね。本当に求めると凄い苦しいんです。

大変なんです。

でも、ちょっとした所からヒントが来たりするんです。

それを逃すと。また大変。

でも、そうこうして必死に求めると、出来る様になるんですよ。

僕は幸せです。本物のJAZZが出来る事を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です